>

融資を受けるには材料が必要?

どうして融資してくれるのか?

これから事業を展開する人間に融資してくれるのは、とてもありがたいですがなぜ融資をしてくれるのでしょうか?
本来融資というのは、少なからず金利が点くものですので貸付した金額以上を受け取れますので、それを利益としています。その為、厳密な審査を行い完済してくれる企業を選択し融資を行っているのです。確かに完済できない企業へ融資しても、こちらはマイナスしかありませんし回収できない場合は事業者へ告知や催促をしなければなりませんので、手間がかかってしまいます。
そしてもう一つ、融資をする相手側のメリットは社会的な知名度が上がるという事です。融資をしている事で利益が出ている企業だと考えられ、それが徐々に広まり更に融資の申込みがされるので一種の宣伝効果もあります。

流れを知ってスムーズに申込み

では実際に融資を申込む際の流れを公開していきたいと思います。
まずウェブや実際の支店へ足を運び、融資の相談を行います。基本的に親切に対応してくれますし、ウェブの場合は内容に問題がなければ借り入れの申し込みを行います。この申込みの際にいくつかの書類が必要になります。その後、相手企業から面談日の相談がありますので、面談日を決め面談を行います。この面談は融資を受けるにあたって非常に重要であり、事業主としてのマナーや心構えに注意する必要があります。その後、1~2週間程度の時間結果通知が来るので、それにクリアしていれば融資手続きを行い、融資を受けられるという流れになっています。
融資を受けたいなら、まずはその企業に相談をしてみましょう。


この記事をシェアする