幸せを掴み取れ|費用削減として評判のあるスマ婚を挙げよう

現在の招待状事情

招待状

今後はどのようになっていくか

結婚式や披露宴の招待状は、従来は結婚を家と家のつながりであるという考えから、新郎新婦の一家の長の名前で出されることが多かったです。現在では、新郎新婦の宛名で出す人も多く、新郎新婦が手作りすることもあります。結婚式の招待状に手書きのメッセージを添えたり、二人の好みに合わせた用紙を用意することによって、経費の削減だけでなくオリジナルなものが作れるというメリットがあるからです。招待状の用紙を購入できる、インターネットの通販サイトなども取り入れられると考えられます。今後は、結婚式の招待状においてはインターネット上での招待状など新たな形が出現していくと思われます。新郎新婦の映像を見て結婚式がより楽しみになるというメリットもあります。

招待状を送る際、注意すべき点

結婚式の招待状については、手渡しできる環境にある人においては結婚のあいさつもかねて手渡しをしたほうが、礼儀にかなっています。その際には住所は書かずに宛名だけ書いておきます。遠方に住んでいるなどで直接招待状を手渡しできていない人に対しては、結婚式の招待状をいきなり郵送するよりも、事前に連絡をしておいたほうが相手にも心づもりができますので親切な対応であるといえます。郵送で送る場合は、返信用切手を入れることも忘れてはいけません。インターネットの進展により結婚式場などは調べればわかるだろうというスタンスではなく、地図なども同封することも必要です。まだ、暦を気にする方もいますので、消印は大安など縁起の良い日になるようにします。